スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人茶会

 4/21(日)に無量寿寺と在原寺において、八橋ゆかりの茶人「方巌売茶翁(ほうがんばいさおう)」をしのび、「一人茶会」が行われました。前夜から降り出した雨も朝には止み、庭園や山門入口などあちこちに煎茶「売茶流」ほか、抹茶や番茶など8歳から82歳までの席主が計9席の茶席を設け、お茶を振る舞いました。
 方巌売茶翁は、「煎茶を庶民にも広める」ために、自らも茶笈(ちゃおい)を背負って煎茶の普及に努めたといわれています。主催者の一人は、「売茶に習い、気楽に楽しめたら」と、方巌売茶翁をアピールしながら、いずれは全国各地から茶席を出しに、また、お茶を飲みに来てもらえるような茶会になれば・・・、と語ってました。

 なお、方巌売茶翁の「茶笈(県指定文化財)」は、八橋史跡保存館に展示していますので、かきつばた園にお越しの節は、ぜひお立ち寄りください(入館料 高校生以上 150円・小中学生 70円)。


DCIM0622.jpg

DCIM0623.jpg

DCIM0624.jpg

DCIM0620.jpg

この日、かきつばた園で、今年初めて花が開きました。
DCIM0619.jpg
スポンサーサイト

芝桜

市役所・中央公民館の花壇では、芝桜が咲いています。
鮮やかなピンクの花と緑の葉が、まばゆいばかりのコントラストをなしています。
これは、友好都市でもある長野県伊那市より以前いただいたものです。
市役所では桜が散った後、芝桜が春を感じさせてくれます。


DCIM0594.jpg
プロフィール

知立観光協会

Author:知立観光協会
知立市観光協会のオフィシャルブログです。知立のいいところをたくさん紹介していきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。